Tag : 通信速度

mineoの回線速度と、口コミやVoLTEの詳細・速度制限の詳細など

mineoの回線速度

mineoのデータ通信速度について、説明をしていきます。docomoプラン利用時のXiエリアでの最大値は225Mbpsとなり、au回線においても、225MbpsのLTE回線なのです。サイトの口コミなどでも話題になっていますが混雑している時間帯は、残念ながらそれは事実で、混雑時はキャリアで契約した回線の方が通信速度が速いです。常に高速・安定を重視した通信が必要な方には、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。通信の状況によって速度が落ちることがあってもその分料金が安いので、通信速度のことを差し引いても、mineo等の格安スマホはコストとパフォーマンスの点からお得なサービスだと思います。

mineo AU回線プランでの通信制限

mineoの場合、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、決められた容量を超過した利用者に対して、今までより遅い低速通信がはじまります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。mineoでは、契約プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの3日制限0

mineoのドコモプラン(Dプラン)では、直近3日間の通信量に応じて速度規制がかかる仕組みを取っていません。日によって、どれくらいの量を使うか分からない方には、AU回線を用いたAプランよりも、docoも回線を用いたDプランの方が、3日制限を気に留めず使用することができるでしょう。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineoスマホの気になるポイント

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。AUやdocomoなどの大手キャリアからそのまま乗り換えれば、携帯料金の大幅カットが望めます。mineoは月額わずか1,310円で利用することができるMVNOです。国内で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、ドコモ回線のDプラン、au回線のAプランがあるMVNOです。docomoとauと通信の品質も同じなので、使ってみても不安な要素もありません。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoの料金やデータ通信に関してまとめましたので、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomoとAU回線を使った格安SIM・格安スマホ

mineoはマルチキャリアMVNOなので、サービスプランにおいてdocomo回線プランとAU回線プランを選ぶ事が出来ます。気になる通話の音質はdocomo・AU同様の高音質であり、基地局もdocomo、auのものを使用しているのですから、対応のエリアも全く同じとなります。今までdocomoやauのスマホを利用していたらそのまま利用出来ますし、乗り換え時にスマートフォンの買い替えする必要はありません。スマホを乗り換えするときに、新規の端末費用を用意する必要が無いのは、ユーザーにはありがたいですね。もちろん、mineoで販売されている格安スマホを買って使うこともできます。どこでも繋がるキャリア回線を安く使うことができますし、docomoにするか、auにするか、お好きな回線を選んで契約することが可能となっています。値段が少し違いますがその辺りも含めて検討してみるといいでしょう。

高品質通話VoLTEプランも用意

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、mineoです。VoLTEとは、従来の音声通話より音がこもらずクリアな高音質の通話のことで、従来の音声通話に比べて、かなり音質が改善されています。300Hz?3.4kHzまでの周波数を今までは拾うことができていましたが、しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。従来と比較すると、かなり高品質な通話を実感することができるようになりました。このVoLTE対応というのは、mineoのメリットの一つでもあります。

容量繰り越しができる!

更に、mineoになれば、データ使用量を翌月に繰り越せるので、月々のデータ通信量が一定でない方でも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチアプリで通信量を抑える!

また、mineoスイッチという便利な機能があり、通信速度を高速または低速に変更することができます。データ使用量のムダが減らせて便利でいいです。無線LANとmineoスイッチとをうまく併用することで、データ量を抑える事が出来るので、より低額なプランで事足る事もあるでしょう。スマホ代を節約するのには大いに役立ちますね!

mineo月額プラン

mineoの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。毎月ごとの料金を比較していき、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、比べてみて、お得感を実感して下さい。さて、月額プランを見てみましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの料金プランは、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約制限と解約違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。mineoは最低利用期限が無いというは、MVNOの中でも珍しく、解約を行ったときに違約金を用意する必要がありません。解約した時のお金がかからないので、格安SIMを使ってみたいと思った人には、かなり訴求力の高いMVNOと言えるでしょう。しかし、1年以内のMNP転出の際に限り、12420円の手数料がかかってしまいます。音声通話SIMを利用する場合はこのような制限が設けられるので注意して下さい。

締切間近のキャンペーンの詳細