Category : 楽天モバイルキャンペーン

楽天モバイルの格安スマホキャンペーンと速度・料金について

楽天格安スマホとは?

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。楽天モバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、楽天モバイルのキャンペーンから評判までを網羅したので、楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIM

楽天モバイルが使用している回線はドコモです。docomoと同じ回線を利用しているので、通信の品質もdocomoと同じで、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのまま楽天モバイルの端末としてご利用できます。SIMフリーのスマホとして楽天モバイルではスマホととともに購入することもできます。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

SIMフリースマホの機種が豊富すぎる

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、スマートフォン自体を購入する必要があります。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。楽天モバイルで全ての利用者にとても便利といえない点があるとすれば、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

余ったデータ通信量の翌月くりこし

各種プランによってデータの通信量は異なりますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。楽天モバイルならば、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。このような翌月加算サービスをしていないMVNOもありますので、これは楽天モバイルの大きな魅力といっても良いでしょう。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

電話代が半額になると話題の楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、IP電話と違ってこちらの番号がそのまま通知されるため、電話を受けた側は誰から掛かってきたか分からないといった心配がありません。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。これまでのIP電話だと、電話をかけると相手には「非通知」とか「050」の番号になってしまうので、使い勝手はあまりよくないのですが、「楽天でんわ」ではそのような煩わしさはありません。楽天でんわで使用した通話料金においても、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分カケホーダイ

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、その他に属するMVNOの過半数はカケホーダイと言ったサービスがないのが正直目立ちます。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」という新サービスが始まりました。月々850円で、国内通話の最初の5分間は、何度でも無料になるのです。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。それに比べNifMoは通話無料サービスはあるのですが、肝心の発信者番号通知ができないとゆうケースがあるようです。楽天でんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

初月は無料!

楽天モバイルのSIM契約を行うと、最初の一月の料金が0円になります。注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。到着する日次第ではありますが、丸一ヶ月無料になることもあるんです!月初めに契約をした方が無料になる日が多いのでお得な感じがしますが、現在利用してるスマホの契約との兼ね合いもあるので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。解約時期は、慎重に!

楽天モバイルの料金と解約について

楽天モバイルの料金制度についての説明をします。今のスマホの月々の料金と比べながら、驚くほど安いことに気がつくでしょう。どれぐらい節約できるのか、楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

楽天モバイルの月額費用

楽天モバイルのプランは、データ専用SIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

楽天モバイルの契約縛りについて

最低利用期間と違約金について、解説していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、違約金として9,800円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

楽天モバイルの速度について

楽天モバイルでの通信は、最大で225Mbpsの高速回線です。これはドコモの回線と同じです。通信速度については、ドコモと同じ回線なので通信速度の信頼性はいうまでもないです。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルのとても良いメリットになりますね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの帯域制御

どのMVNOでも変わりませんが、ユーザーが平等に使えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、今までより遅い低速通信がはじまります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

間もなく終了のキャンペーン