楽天モバイルの格安スマホキャンペーンと速度・料金について

楽天格安スマホとは?

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。楽天モバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、楽天モバイルのキャンペーンから評判までを網羅したので、楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIM

楽天モバイルが使用している回線はドコモです。docomoと同じ回線を利用しているので、通信の品質もdocomoと同じで、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのまま楽天モバイルの端末としてご利用できます。SIMフリーのスマホとして楽天モバイルではスマホととともに購入することもできます。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

SIMフリースマホの機種が豊富すぎる

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、スマートフォン自体を購入する必要があります。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。楽天モバイルで全ての利用者にとても便利といえない点があるとすれば、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

余ったデータ通信量の翌月くりこし

各種プランによってデータの通信量は異なりますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。楽天モバイルならば、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。このような翌月加算サービスをしていないMVNOもありますので、これは楽天モバイルの大きな魅力といっても良いでしょう。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

電話代が半額になると話題の楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、IP電話と違ってこちらの番号がそのまま通知されるため、電話を受けた側は誰から掛かってきたか分からないといった心配がありません。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。これまでのIP電話だと、電話をかけると相手には「非通知」とか「050」の番号になってしまうので、使い勝手はあまりよくないのですが、「楽天でんわ」ではそのような煩わしさはありません。楽天でんわで使用した通話料金においても、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分カケホーダイ

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、その他に属するMVNOの過半数はカケホーダイと言ったサービスがないのが正直目立ちます。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」という新サービスが始まりました。月々850円で、国内通話の最初の5分間は、何度でも無料になるのです。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。それに比べNifMoは通話無料サービスはあるのですが、肝心の発信者番号通知ができないとゆうケースがあるようです。楽天でんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

初月は無料!

楽天モバイルのSIM契約を行うと、最初の一月の料金が0円になります。注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。到着する日次第ではありますが、丸一ヶ月無料になることもあるんです!月初めに契約をした方が無料になる日が多いのでお得な感じがしますが、現在利用してるスマホの契約との兼ね合いもあるので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。解約時期は、慎重に!

楽天モバイルの料金と解約について

楽天モバイルの料金制度についての説明をします。今のスマホの月々の料金と比べながら、驚くほど安いことに気がつくでしょう。どれぐらい節約できるのか、楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

楽天モバイルの月額費用

楽天モバイルのプランは、データ専用SIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

楽天モバイルの契約縛りについて

最低利用期間と違約金について、解説していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、違約金として9,800円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

楽天モバイルの速度について

楽天モバイルでの通信は、最大で225Mbpsの高速回線です。これはドコモの回線と同じです。通信速度については、ドコモと同じ回線なので通信速度の信頼性はいうまでもないです。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルのとても良いメリットになりますね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの帯域制御

どのMVNOでも変わりませんが、ユーザーが平等に使えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、今までより遅い低速通信がはじまります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

間もなく終了のキャンペーン


UQモバイルの速度ってどう?料金や評判・キャンペーンは?

UQモバイルのインターネット速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてUQモバイルは、ユーザーの間で、通信速度に定評のあるサービスです。2015年度の格安SIMアワードの結果を見てもわかるように、UQモバイルは通信速度部門で1位を受賞しています。サクっと通信したい皆様に、高速通信環境を安定して提供してくれるUQモバイルが一番の選択肢になりますね。今後、MVNOや格安スマホがさらに多様なサービスとともに展開していくでしょう。

UQモバイルにおける通信制御

どのMVNOでも変わりませんが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、速度を制限した状態で回線を使用することになります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、全プランで直近72時間で1GBが規定値となっています。

UQコミュニケーションズの格安SIMの料金と初期費用

ここではUQモバイルの料金・通信スピードなどを紹介すると共に、そのメリットを解説していきたいと思います。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、把握してみてはいかがでしょう。 UQモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

UQモバイルの料金と初期費用

UQモバイルの料金は、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声通話SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの解約手数料について

UQモバイルの解約縛りと解約手数料に関して、説明していきます。利用期間の規定はデータSIMにはありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、手数料が9500円かかるので要注意です。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

UQ格安スマホのユニークポイント

UQモバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々の利用料金は1680円という安さで、今、話題のサービスです。回線はAUで使用しているものを使っているため、通話品質、サービスエリアもAUの利用時と全く変わりません。また、UQモバイル独自の無料通話付きプランも見逃せません。というわけで、今回は、UQモバイルの速度や解約・店舗情報など、UQモバイルのすべてを網羅しました。UQモバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

AUの基地局を利用したお得なスマホ

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが提供している格安SIM、UQモバイルはAUの通信回線を使っています。そのため、通話品質もAUと変わらず、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。それだけではなく、UQモバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。AUのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約をするだけでそのまま使用できますので、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。UQモバイルを一言でまとめると、AU回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

高品質通話VoLTE専用プランあり

UQモバイルの注目ポイントはVoLTE対応プランを用意していることです。VoLTEは今までの音声電話と比較して、格段にクリアな音質に改良された、最新の通話技術を備えた名称です。従来の音声通話では、人間が認識可能な周波数のうち300Hz~3.4kHzまでの範囲しか拾うことができませんでした。一方、VoLTEでは、50Hz?7kHzまでの音声を感知できるようになっています。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。VoLTE対応という魅力に惹かれて、UQモバイルを選ぶ人もいるほどです。

データくりこしもできる!

さらに、UQモバイルは、データ量の翌月くりこしにも対応していて、月々で使用するデータ量が変動する方でも、心配せずに使えるというのは、利用者にとってはとても大きなポイントです。そしてターボ機能というものもあって、高速に通信する必要が無いときは、低速な通信に切り替えることが可能となっています。この機能はデータ量を無駄に消費することを防いでくれて、通信量の節約ができるお得な仕組みです。

UQモバイル口コミ

UQモバイルの魅力についてお話します。通信の高速性は他業者との差別化を図る上でも大きな魅力となっています。通信速度の速さを高く評価する口コミなども、ネット上でよくみかけます。料金プランの種類が少なかったり、毎月支払う料金が他社に比べるとやや高かったりなどデメリットもありますが、それらのデメリットを考慮しても、十分な魅力がある格安SIMです。格安スマホセットも販売しているので、格安スマホ選びの大きな選択肢の一つになってくるでしょう。

快適すぎる高速通信の速度

UQモバイルの特に素晴らしい部分は、他社よりも高速かつ安定した通信を実現している点です。私がこれまで利用してきた複数のMVNOと比べても、それらに比べるとUQモバイルの通信速度はいちばん早くて安定しているので、今現在いちばん多く利用しているものはUQモバイルです。高速な通信速度を求める方に、「どのMVNOが速いの?」について考えているなら、私はUQモバイルにするべきだと思います。他の格安SIMよりは高いので「格安」ではないかもしれませんが、快適な通信でストレスが溜まらないことを加味すれば、コスパ最高だと思います。

間もなく締切の割引キャンペーン情報


Umobileの評価・評判と割引キャンペーンまとめ

Umobileの評価

Umobileの優れた点は、 LTEを無制限に使用することが可能な、使い放題プランが用意されているところでしょう。NTTドコモの高速LTE回線を無制限で使用できるプランは、他社には中々ないプランです。通信量の多い方は、他社からの乗り換えで、携帯利用料金が驚くほど安くなること請け合いです。

音声通話SIMなら、毎月400~600ポイント還元!

100万契約を既に超過している動画サービスU-NEXTにて利用可能な、U-NEXTポイントが特典として毎月、決められた分だけ付与されます。このポイントバック特典はLTE使い放題の2プランでは毎月400ポイント、その他のプランでは更に+200ポイントの毎月600ポイントが還元されます。U-NEXTのサービスでは1作品の視聴がおよそ300円ですので、1ヶ月に2本、自由に見ることができます。作品は、映画やアニメ、ドラマ、大人向けなど老若男女誰もが楽しめるラインナップとなっております。Umobileを契約した場合月々3,000円弱掛かりますが、U-NEXTポイントが400~600ポイントも付くと言うのは、特典としてもかなり豪華だと思います。

Umobileの特徴まとめ

MVNOの中に、Umobileがありますが、動画配信サイトでよく知られているU-NEXTが運営しているMVNOです。運営会社は、株式会社U-NEXTで、ここは2015年に東証一部に上場しているので、信頼性の面では申し分なく、ベンチャー企業であるにもかかわらず、MVNOの人気ランキング5位以内と言う評価を受けました。また、格安スマホとしては珍しく、LTEの高速通信が無制限のプランがあるのも特色です。よくネットを利用する方は、Umobileがおすすめです。Umobileがまだ分からない!という方の為に、Umobileのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomo回線網の格安SIM

格安スマホサービスとして人気を集めているUmobileはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。回線が同じ、ということは通話の品質もdocomoと変わらず、サービスエリアもdocomoと同様の広範囲エリアで利用できる為、繋がりやすさは抜群です。また、docomoのスマホをお持ちの方であれは大半の機種でSIMカードの契約だけでUmobilのサービスの利用が可能になります。もちろん、UmobileのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。この様なメリットを勘案すると、Umobileはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

LTE無制限プランがある

Umobileの「LTE使い放題」プランは格安スマホで高速無制限の通信を楽しめることから注目を集めており、他の会社でこのプランは滅多にないため、一段とUmobileを引き立たせる要因となっています。通信のリミットを気にせずに高速通信を実現したい人には、容量や速度の制限を全く気にせず使えるというのは、非常に魅力的なプランなのではないでしょうか。このように快適なプランにもかかわらず、3000円を切るお値段に設定しています。大手キャリアと比較にならないほど、お得な料金設定としています。毎月の通信量が多い人にとっては、とても助かる料金設定になっていますね。毎月のデータ量の上限を気にしながらスマホを使用している方にはお勧めの格安スマホです。Umobile公式サイトに、LTE無制限のプランについて、詳しく記載されてますのでご覧ください。

即日MNPにも対応

Umobileでは即日MNPにも対応しています。これは、MNP届け出式という方法を取り入れているので、MNPの届け出をインターネットから行う事で、電話がつながらない期間がないままでMNPが可能です。以前は、即日MNPをするためには実店舗に赴くことが不可欠でしたが、現在では、ネットを利用する事で場所を選ばず何処でも即日MNPを完了することができます。MNPの手続きを行う際に、しばらくの間は携帯が使えないのがネックで、乗り換えるかどうか、ためらっていた方にもおすすめできるサービスです。即日MNPの手続きは、SIMカードが手元に届いたら、Umobileの会員ページにて、回線切替ボタンを押せば完了です。誰にでもできる簡便な手続きなので、より格安スマホへの乗換えが今まで以上にスムーズに行えます。

Umobile料金プランと解約

格安スマホで今話題のUmobileの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。現在ご利用中の携帯電話の料金と比較して、月々にかかる費用をどれくらい抑えることができるのか、確認してみるとよいでしょう。それでは、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Umobileの料金プラン

Umobileの月額費用は、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データSIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

音声通話ができるSIMに適用される「LTE使い放題2プラン」というのは、最低でも12ヶ月間は継続利用することを条件とする代わりに、一月あたりの料金がLTE使い放題プランより、250円お得になるプランです。

解約手数料について

Umobileの解約制限と解約手数料、これは頭に入れておいてくださいね。Umobileのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。かたや通話SIMは、6ヶ月間が最低利用期間となっています。もし、6ヶ月間使用せずに解約してしまうと、違約金として6,000円が費用となりますのでご注意ください。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、契約から7ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

LTE使い放題2プランの解約違約金

UmobileにおけるLTE使い放題プランは二つで、特殊な、解約制限を設けています。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。また契約日から半年以降でも1年以内に解約をする場合に、3,500円の解約料金が発生します。利用開始月から11ヶ月以内でプラン変更する際にも、プラン変更手数料として3,500円必要となります。以上のように、LTE使い放題2プランは他のプランと異なり、最低利用期間や違約金に関する注意事項がありますので、ご注意ください。解約違約金が少し高くなる分、月額料金が割引になるプランですので、1年以上、継続してご利用するのであれば、この LTE使い放題2プランは、たいへんお得ですので、自信をもってお勧めできます。

Umobileの通信スピード

たくさんの数が存在するMVNOの中でも、Uモバイルは、225MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。

Umobileの3日制限に関して

どのMVNOにおいても一緒ですが、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、通信速度を制限しています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。ただし、Umobileは、速度制限の対象とする直近3日間の通信量を発表していません。

Uモバイルのキャンペーン!!


mineoの回線速度と、口コミやVoLTEの詳細・速度制限の詳細など

mineoの回線速度

mineoのデータ通信速度について、説明をしていきます。docomoプラン利用時のXiエリアでの最大値は225Mbpsとなり、au回線においても、225MbpsのLTE回線なのです。サイトの口コミなどでも話題になっていますが混雑している時間帯は、残念ながらそれは事実で、混雑時はキャリアで契約した回線の方が通信速度が速いです。常に高速・安定を重視した通信が必要な方には、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。通信の状況によって速度が落ちることがあってもその分料金が安いので、通信速度のことを差し引いても、mineo等の格安スマホはコストとパフォーマンスの点からお得なサービスだと思います。

mineo AU回線プランでの通信制限

mineoの場合、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、決められた容量を超過した利用者に対して、今までより遅い低速通信がはじまります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。mineoでは、契約プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの3日制限0

mineoのドコモプラン(Dプラン)では、直近3日間の通信量に応じて速度規制がかかる仕組みを取っていません。日によって、どれくらいの量を使うか分からない方には、AU回線を用いたAプランよりも、docoも回線を用いたDプランの方が、3日制限を気に留めず使用することができるでしょう。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineoスマホの気になるポイント

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。AUやdocomoなどの大手キャリアからそのまま乗り換えれば、携帯料金の大幅カットが望めます。mineoは月額わずか1,310円で利用することができるMVNOです。国内で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、ドコモ回線のDプラン、au回線のAプランがあるMVNOです。docomoとauと通信の品質も同じなので、使ってみても不安な要素もありません。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoの料金やデータ通信に関してまとめましたので、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomoとAU回線を使った格安SIM・格安スマホ

mineoはマルチキャリアMVNOなので、サービスプランにおいてdocomo回線プランとAU回線プランを選ぶ事が出来ます。気になる通話の音質はdocomo・AU同様の高音質であり、基地局もdocomo、auのものを使用しているのですから、対応のエリアも全く同じとなります。今までdocomoやauのスマホを利用していたらそのまま利用出来ますし、乗り換え時にスマートフォンの買い替えする必要はありません。スマホを乗り換えするときに、新規の端末費用を用意する必要が無いのは、ユーザーにはありがたいですね。もちろん、mineoで販売されている格安スマホを買って使うこともできます。どこでも繋がるキャリア回線を安く使うことができますし、docomoにするか、auにするか、お好きな回線を選んで契約することが可能となっています。値段が少し違いますがその辺りも含めて検討してみるといいでしょう。

高品質通話VoLTEプランも用意

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、mineoです。VoLTEとは、従来の音声通話より音がこもらずクリアな高音質の通話のことで、従来の音声通話に比べて、かなり音質が改善されています。300Hz?3.4kHzまでの周波数を今までは拾うことができていましたが、しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。従来と比較すると、かなり高品質な通話を実感することができるようになりました。このVoLTE対応というのは、mineoのメリットの一つでもあります。

容量繰り越しができる!

更に、mineoになれば、データ使用量を翌月に繰り越せるので、月々のデータ通信量が一定でない方でも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチアプリで通信量を抑える!

また、mineoスイッチという便利な機能があり、通信速度を高速または低速に変更することができます。データ使用量のムダが減らせて便利でいいです。無線LANとmineoスイッチとをうまく併用することで、データ量を抑える事が出来るので、より低額なプランで事足る事もあるでしょう。スマホ代を節約するのには大いに役立ちますね!

mineo月額プラン

mineoの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。毎月ごとの料金を比較していき、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、比べてみて、お得感を実感して下さい。さて、月額プランを見てみましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの料金プランは、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約制限と解約違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。mineoは最低利用期限が無いというは、MVNOの中でも珍しく、解約を行ったときに違約金を用意する必要がありません。解約した時のお金がかからないので、格安SIMを使ってみたいと思った人には、かなり訴求力の高いMVNOと言えるでしょう。しかし、1年以内のMNP転出の際に限り、12420円の手数料がかかってしまいます。音声通話SIMを利用する場合はこのような制限が設けられるので注意して下さい。

締切間近のキャンペーンの詳細


IIJmio「みおふぉん」のキャンペーン・料金詳細・速度まとめ

IIJmioスマホの特色

株式会社インターネットイニシアティブの提供する格安SIMと格安スマホ「みおふぉん」について、ご紹介していきます。インターネットイニシアティブは、いち早く格安スマホに着目した会社であり、格安SIMが今ほど普及する前から利用していた方にとっては、llJmioの名前を聞いたことがある人が多いと思います。2015年に実施さた調査では、SIMアワード2015顧客満足度総合部門最優秀賞の栄冠に輝いています。高い顧客満足度の理由は、そのブランドイメージを確立させた充実した顧客サポート、バランスの取れたプラン。こうしたことが高く評価されたことによります。前置きはこの辺で、IIJmioのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線網の格安スマホ

格安スマホサービス、IIJmioの回線はdocomoと同じものを利用しております。ですので、通話の品質はdocomoと比べてもなんら変わりはありませんし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。さらに、今までご使用のdocomoのスマホであれば、機種変更なしで、すぐに通信をお楽しみいただけます。また、端末はdocomoから買わなくてはならない訳ではなく、IIJmioからSIMフリースマホセットで購入することもできます。既に「docomoのスマホ使ってるよ!」という方は、SIMカードのみの契約が可能!お手持ちのスマホをお使いになることができますので、スマホ本体代の分が浮き、安く購入できます。docomoの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

バースト機能で、快適な低速通信

IIJmioには、他社にはないバースト機能が備わっています。あまり聞きなれないバースト機能について説明したいと思います。バースト機能とは、低速通信時の最初の数秒間、高速通信を行う事で、画面に表示されるウェブページの読み込みを向上させることができます。この機能を搭載してることにより、低速通信をするときのインターネット接続が速くなるので、ページ表示が遅くてイライラするということがなくなり、ストレスを感じずにネットができますので、この機能は注目を集めているのです。現在のところ、IIJmioとIIJmioのみで採用され、話題になっています。

あまったデータ量の繰越

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。IIJmioを利用していれば、そんな状況でも、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、翌月に繰り越せるIIJmioはおすすめのMVNOです。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

家族利用で更にお得、10人までシェアできてお得!

家族の分までSIMカードを追加できるIIJmioのファミリーシェアは、SIMカードが最大で10枚まで利用することが出来ます。親の世帯とこの世帯ともにIIJmioへ乗り換えれば、携帯代が驚くほど節約できるはずです。ご家族全員分の携帯料金と考えると、かなりの額の料金になるので、乗り換えることによって節約できる額も大きなものになるでしょう。是非、ご家族みんなで乗り換えについて前向きに話し合ってみて下さい。IIJmioは、ユーザー間でもサポートに定評があるので、格安スマホをあまり知らない人であっても何の心配も無く利用できるサービスです。子どもにスマホを使わせる場合でも、みまもりパックをオプションでつけることで安心できます。

IIJmioのインターネット速度に関して

多くのMVNOの中でのみおふぉんの特徴としては、docomo 4GLTE回線で通信速度225Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。通信速度の安定性が高いようなので、ネットなどではユーザーからの評判なども、中々の高評価を得ているという印象です。安心して使える通信速度が速くて格安のスマホをお探しなら、そんな方に最適なMVNOがIIJmioと言えるでしょう。

IIJmioの速度制御

IIJmioでは、ただし、低速通信を行っている場合に限って、直近72時間の通信量に速度制限が掛かるケースがありので注意が必要です。高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、予め決まっている量を越した方に対しては、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。

IIJmio月額費用と解約に関して

IIJmioの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。現在ご利用中の携帯電話の料金と比較して、どの程度通信コストを削減できるか、ぜひ比べてみてください。早速、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

IIJmioの料金

IIJmioの月額プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。070/080/090などの番号を使用するものが音声通話SIMなので、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、データ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円:す。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの最低利用期間について

みおふぉんの解約制限と解約手数料に関して、ご紹介していきます。IIJmioのデータSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。みおふぉんに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、9,000円の解約手数料が必要になります。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

IIJmio口コミ

IIJmioの強みはなんといっても、MVNOの中でも老舗であるという信頼度と、お客様に支持されるサポートの充実度にあります。顧客満足度の調査では、総合部門で最優秀賞を獲得しており、利用者が十分に満足している様子が伺えます。電話で直接サポートしてくれたりもするので、初めて格安スマホや格安SIMを使うという方でも、IIJmioは頼れるMVNOとして皆様におすすめできる一品です。

通信速度が速く、サポートも手厚いのが、ヘビーユーザーにも良し

IIJmioの口コミや評判でよく聞かれる意見は、安定した速度を維持する通信を実現している事と、十分なユーザーサポートが理由のようです。格安SIMアワードを受けたことを経て、MVNOの中でも総合部門において最優秀賞を獲得しています。やはり、IIJmioは格安スマホ選びにおいては、有力な候補の一つになると思います。そして、数多くのMVNOでも、このようなブランド力や信頼性を持っているMVNOはなかなかないと言えます。ネットでの口コミや評判においても、好評であるMVNOですので、今後、格安スマホを検討している人にとっては、胸を張ってお勧めできるMVNOではないでしょうか。

【締切間近】限定キャンペーン!


DMMモバイルの評価とキャンペーン情報

DMMモバイル評価まとめ

DMMモバイルの良いところとしては、なんといっても格安SIMならではの料金の安さと高速通信の速さですよね?節約志向かつ、通信速度にこだわりがある方には、MVNOは、もつともお勧めできる通信サービスです。クチコミがそれを証明していて、多くの方が高く評価しているのが、DMMモバイルの売りである、安さと速さを兼ね備えたサービスは人気のサービスであるといえます。

高速な通信速度がうれしい!

DMMモバイルでユーザーに評価されているのが、口コミなどで、通信速度の速さと安定性についての、評価が高いんです。高速通信が安定して使え、基本料金が安いと言うことで、現在、DMMモバイルの評価は高まっています。また、DMMポイントと呼ばれるポイントが還元されるシステムもあるため、値段、速度を重視したい方には、最高の格安スマホとなるでしょう。どの機種を買うか迷っている方も、ぜひこのDMMモバイルの格安スマホの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

DMMモバイルのチェックポイント

最近話題になっており知名度上がってきている、格安SIMサービスの一つであるDMMモバイルは、既に知っている方もいると思いますが、動画サイトの「DMM.com」が運営する格安スマホのサービスです。DMMモバイルには、価格の安さが業界ナンバーワンという最大の特徴があります。月々の料金を最も重視するお客様にとって、最もおすすめできるMVNOとなっております。価格を抑えながらも通信速度は安定していて、ネット環境の快適性も魅力の一つであります。DMMモバイル?という方の為に、DMMモバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用したMVNO

格安SIMの中で人気のDMMmobileはdocomoの回線が使われています。そのため、DMMモバイルはドコモと同じ高い通話品質で利用でき、通信可能エリアも広く、つながりやすいので快適に使えます。また、お使いのdocomoのスマホならそのままDMMモバイルで使用する事が出来ます。DMMmobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

iPhoneが分割購入OK

DMMモバイルでiPhoneの分割購入が可能なことは、iPhoneを利用したい方にとって魅力的なことでしょう。本来ならMVNOというものは、海外の安物の携帯端末しか扱っておらずiPhoneを扱っているというMVNOはほぼ皆無です。いっぽうDMMモバイルは、最新iPhoneもセットで発売され、 iPhoneの購入を分割払いで考えているのなら 、DMMモバイル以外の選択肢は考えられません。格安SIMでiPhoneを利用したい場合は、DMMモバイルをチェックすると良いでしょう。ですがDMMモバイルではiPhoneは売り切れ必至なので、在庫ありになっていたら、なるべく早く申し込むことをお勧めします。

容量の繰り越し対応!

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、月によっては、あまり使わないときもあるはずです。DMMモバイルならば、こうしたプラン分の残り容量があるときには、使いきれずに余ったデータ容量を次の月に繰り越すことが可能なのです。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、これはDMMモバイルの大きな魅力といっても良いでしょう。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのがDMMモバイルなのですね。

不通期間なしのMNPもできる!

DMMモバイルは、即日MNPにも対応しており、今までの番号を使い続けるのも簡単です。DMMモバイルの即日MNPはMNP届け出方式なので、オンラインで簡単に手続きを済ませれば携帯が使えない期間なく、MNPが可能となりました。これまでは、都心部の限られた店舗でしか即日MNPは出来ませんでしたが、店頭に出向くことなくいつでもどこでも即日MNPが出来るようになったのです。MNPを行うときに携帯が使用できなくなる期間が発生する事を気にして、格安スマホを利用することに踏み切れなかった方も、これなら問題なく切り替えできますね。MNP届け出方式の場合はSIMカードが到着したら、DMMモバイルの会員ページで回線切替ボタンを押せば手続きは完了です。即日MNPの手続きはとても簡単なので、より気軽に格安スマホへの乗り換えが行えるようになっています。

10%還元!毎月もらえるDMMポイント

DMMモバイルを使っている間中、月々DMMポイントがが10%還ってくるという、非常に魅力的なキャンペーンが行われています。月額料金だけではなく、通話料金や様々なオプション料金も含まれるので、DMM.comで動画視聴する方にとっては、お得なキャンペーンです。もともと業界最安値を謳っているDMMモバイルの月額料金に、それだけではなく10%のポイント還元があるので、月額料金だと、とてもリーズナブルなMVNOだと言えます。節約して携帯を使用したい方は、ぜひDMMモバイルを一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

バースト機能で、さらに快適な低速通信

バースト機能を使うことができるMVNOの1つにDMMモバイルがあります。ではバースト転送とはいったいどんな機能なのでしょうか?DMMモバイルのバースト機能とはネットにアクセスした最初の数秒間のみを高速通信で行うことで、ページの表示を早めることが出来る機能です。バースト機能により、低速状態でも表示速度が速くなるため、待ち時間やストレスを感じることなく、快適にウェブページ等を閲覧できるので、とても注目されている機能となっております。残念ながら、このバースト機能は、IIJmioとDMMモバイルにしか無いようです。

DMM.comの格安スマホの月額と解約

DMMモバイルの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。毎月ごとの料金を比較していき、どの程度、通信費が節約できるのか、計算しながらご確認ください。これから、料金プランを見ていきましょう。

DMMmobileの料金・初期費用

DMMモバイルのプランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円:す。

データSIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

解約違約金

DMMモバイルの解約縛りに関して、解説していきます。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金として9,000円の支払いが必要となります。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

DMMモバイルのインターネット速度に関して

たくさんの数が存在するMVNOの中でも、DMMmobileは、大手キャリアドコモの225MbpsLTE回線を使っています。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。通信スピードは高速かつ安定しており、レビューなどの評価から総合的に判断しても、中々良い評価を獲得しているようです。通信速度が速いかつ激安価格なスマホをお探しの方になら、DMMモバイルは、おすすめなMVNOと言えるでしょう。

DMMモバイルにおける帯域制御

DMMモバイルの場合、直近3日間の通信量によって速度制限が掛かるのは、低速通信時だけです。これは、高速回線を使用しているときには適応されませんのでい心配いりません。利用する方たちが公平に使用できるために、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、速度制限がかけられます。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。

締切間近のキャンペーン!